こうきょうNET

こうきょう NET    (編集作業中・暫定版)


What's New

 □セミナーのご案内□

2次開催

2019年2月5日(火曜日)

勝つための提案書作り、勝つためのシナリオ

・プロポーザル、総合評価、公民連携事業の入札対策

                                      会場:機械振興会館 6階67号室

東京都港区芝御公園3-5-8

電話 03(3434)8211

パンフレット

(印刷用PDFファイル)

【日時】

  2019年2月5日(火曜日)午後1時30分~4時30分

 

【講師】

 ベックス株式会社

 代表取締役 岡崎 明晃 氏

【内容】

はじめに
ベックス株式会社の業務内容について
取り組み分野、実績
1.最近の入札状況からのトピックス
  PPP/PFI事業に係る現状と課題
  PFI事業の手続きの簡易化
  発注者側と応募者側の悩み
  最近の入札結果からのトピックス
2.事業提案書の作成プロセス
  提案書作成のフロー
  事業提案書作成フローにおけるキーポイント
  提案力アップに向けた基本方針
  社内体制づくり、具体例
  過去案件や傾向の分析とデータベース化
  自らのグループの強みの発揮
  BSC活用の戦略策定ステップ
  BSCの参考例
  目標管理制度の参考例
  公共施設を取り巻くステークホルダーへの配慮
  コンソーシアムの組成
  最適なプロジェクトチームの組成
  事業提案書作成のプロセス
  事業提案書作成のフローチャート
モック(提案骨子)による提案内容の整理
  スケジュール管理
  ドキュメント管理
  業務分担表づくり
  枚数確認リストづくり
  禁則用語集づくり
事業提案書のフォーム
  プロジェクトルームの活用
  作業の効率化とコストセーブ
3.要求水準のとらえ方と課題
   要求水準の構成と関係書類の関係
  発注者側の要求水準書作成におけるポイント
  英国における優れた要求水準の条件
  民間企業にとっての募集要項の読み込み
4.高評価の事業提案書の作成に向けて
   提案力アップののポイント
  現地情報の重要性
  評価される事業提案書とは
  要求水準に対する明確なアウトプットとインプット
  要求水準に対するアウトプットの記載方法
  ロジックの整理
  事業提案書の変遷、具体例
  表現技術:グラフィックデザイン
  表現技術:建築・機器3DCGパース
  表現技術:ホームページ
  表現技術:動画
  読みやすい、わかりやすい表現、具体例  
  ストーリー性のある表現
  熱意やハートが感じられる表現
  理念と実施方針の書き方、具体例
  コンセプト図つくり
  強調文字について
  事業計画の考え方
  リスク管理の考え方
  施設の設置目的と役割に対する考え方
  広報・PR活動の考え方
 5.高評価のヒヤリングやプレゼンに向けて
   プレゼンの実施例
  プレゼンテーションの目的
  プレゼン準備の基本方針
  プレゼン資料作成のプロセス
  想定問答集の作成
  プレゼンのポイント
  パワーポイントの活用
  演出効果について
  おわりに
  ・質疑応答、名刺交換
                                                                                                                                 ページトップに戻る

              お申込み・お問い合わせはこちら

                                                    【会費】お一人様21,000円

                                   複数でお申し込みの場合はお二人目から5,000円引きに なります。

 

2018年12月 5日(水曜日)

伊庭メソッドによる

PFI/PPP事業 成功する提案 成功するプロジェクト

  勝てるチーム作りがポイント

 

会場:福岡センタービル10階4号室

福岡市博多区駅前2-2-1

TEL:092-441-3769

 

【開催日時】2018年12日(水曜日)午後2時~4時30分

 

 【講師】                             会場アクセス  

 伊庭 良知 氏

       伊庭オフィス代表       

    公民連携定住対策推進自治体連絡会  事務局長

    一般社団法人 国土政策研究会  理事・PFI事務局長

【プログラム・内容】

1.最新のPFI/PPP、公民連携事業

    コンセッション分野の拡大

    空港、上下水道、住宅分野

    最近の事業事例

◎大型自然災害と公民連携事業-リスク管理の考え方-

 

2.運営権の位置付け

  PFI事業の拡大

  PFI/PPPの抜本改革

  PFI法の改定

  対象事業の拡大

  事例の解説 

 

3.チーム作りの考え方

  PFIコンソシアムチームとは

   参加企業の分類と役割

   PFI/PPP事業のとらえ方

   SPCへの出資ということ

  勝つためのチーム編成の考え方

    最も重要なプロジェクトリーダーの役割 落札請負人

  

4.審査の実態

    提案審査型入札、落札の基本

    落札・選定の主導権は?

    審査の実態、審査委員会分析 

 

5.評価される提案

  自治体の要望が多いプロジェクト

  市街地活性化のための住宅整備、上下水道、パークPFI、公営住宅立替

  観光関連、スマートインター、自治体負担がゼロになる複合施設

  添付書類の重要性 企業間協定書 融資確約書 目論見書(案)

  新しい公民連携手法の例

    運営権・包括委託

事後交渉方式

地域プラットフォームを活用した案件形成

    事前サウンディング 競争的対話による提案募集

    技術提案・交渉方式 民間提案手法

  運営権 100%サービス対価型 民間収益施設

 

                       お申込み・お問い合わせはこちら                               【会費】お一人様15,000円                                             

*自治体関係者は資料代実費1500円で受講できます。

 

 

2018年12月 6日(木曜日)

伊庭メソッドによる

PFI/PPP事業 成功する提案 成功するプロジェクト

  勝てるチーム作りがポイント

会場:IG石田学園ビル 3階132号室

広島市中区立町2-25

電話:02-222-2277

 

【開催日時】2018年12月6日(木曜日)午後2時~4時30分

 

 【講師】                             会場アクセス  

 伊庭 良知 氏

       伊庭オフィス代表       

    公民連携定住対策推進自治体連絡会  事務局長

    一般社団法人 国土政策研究会  理事・PFI事務局長

【プログラム・内容】

 

1.最新のPFI/PPP、公民連携事業

    空港、上下水道、住宅分野

    最近の事業事例

    コンセッション分野の拡大

◎大型自然災害と公民連携事業-リスク管理の考え方-

 

2.運営権の位置付け

  PFI事業の拡大

  PFI/PPPの抜本改革

  PFI法の改定

  対象事業の拡大

  事例の解説 

 

3.チーム作りの考え方

  PFIコンソシアムチームとは

   参加企業の分類と役割

   PFI/PPP事業のとらえ方

   SPCへの出資ということ

  勝つためのチーム編成の考え方

    最も重要なプロジェクトリーダーの役割 落札請負人

  

4.審査の実態

    提案審査型入札、落札の基本

    落札・選定の主導権は?

    審査の実態、審査委員会分析 

 

5.評価される提案

  自治体の要望が多いプロジェクト

  市街地活性化のための住宅整備、上下水道、パークPFI、公営住宅立替

  観光関連、スマートインター、自治体負担がゼロになる複合施設

  添付書類の重要性 企業間協定書 融資確約書 目論見書(案)

  新しい公民連携手法の例

    運営権・包括委託

事後交渉方式

地域プラットフォームを活用した案件形成

    事前サウンディング 競争的対話による提案募集

    技術提案・交渉方式 民間提案手法

  運営権 100%サービス対価型 民間収益施設

                    

         お申込み・お問い合わせはこちら

                        【会費】お一人様15,000円

                       自治体関係者は資料代実費1500円で受講できます。

 

 

 

 

PFI/PPP事業推進セミのポイント

・内容詳細・


伊庭メソッドによる

「PFI/PPP事業推進のポイント」

-公民連携事業の発案、提案から契約締結まで-

1.PPP/PFIとは

  ◎本気を出してきた国交省

   ・今なぜPPPなのか

   ・国の基本方針

   ・社会資本整備総合交付金の重点配分

   ・PFI/PPP推進アクションプラン

   ・国自らの取組、自治体への誘導施策

2.公共事業調達と入札・契約の改革

  ◎総合評価への誤解、仕組みの多様化が

   ・総合評価方式の改善、多様化

   ・選定ルールとインセンティブ 

3.事業推進のポイント

  ◎制度を最大限活用しプロジェクト推進

   ・官民対話による事業発案

   ・提案インセンティブ付与、選抜・交渉

   ・提案事業の評価、実施体制

   ・地域振興と地元企業対策

   ・事業者の選定

   ・庁内、議会、住民対策、説明・調整

   ・手続きの簡素化

   ・地域プラットフォーム、先導的官民連携支援事業支援制度、PPPサポータ制度活用

   ・国、先進自治体、専門化による支援の活用

   ・PFI、PPP、コンセッション等、分野別具体事例の研究

   ・新しいPFI/PPPの形

   ・提案審査方入札における落札の基本

   ・落札・選定の主導権は?

   ・審査の実態

   ・審査委員会分析

   ・自治体負担ゼロのPFI事業

4.プロジェクトリーダーの養成

  ◎官民を引っ張る推進役

   ・社会事業と仕手の意識

   ・チーム意識、情報共有

・情報収集と分析

   ・提案までの手順とリーダーの仕事

   ・提案組織運営、提案書作成の要諦

 

 

 その他

 

   
  セミナートップに戻る      ページトップに戻る

 

 

 

PFI/PPP案件の掘り起こしから受注活動

***発案、高評価提案、営業活動の秘訣***

詳細内容

  1.最近の公共入札制度、PFI/PPP事業動向
   総合評価の改善
   実績の無い企業の参入に配慮   
   企業の選定ルール
   指名競争入札について
   地元企業優先発注  
2.国の方針と最近の事例
   考えるべき分野
   PPP/PFI推進・経済財政再生行動計画
3.入札・契約制度改革の現状
   発注関係事務の運用指針
   フロントローディング方式    
4.国の方針・関連分野
   公民連携推進のアメとムチ
   儲かるPPP/PFI案件推進とビジネス機会創出
   動き出した上下水道コンセッション    
5.考えなければならない視点と最近のPFI
  最近のPFI事例
   PPP/PFIにする理由
6.北海道7空港一括コンセッションについて
   ・実施方針解題
7.勝てるチーム作り:発注文書の読み込み・提案
   地域の民間企業に求められるもの
   大事なプロジェクトリーダーの役割
   自治体の力の足りない部分の支援
   発注者視点の提案
   発注者の希望をどれだけ読み取れたか?
   チームを編成するための自社の強みの強化
   民主的なコンソーシアム運営が不可欠
8.PFI法に基づくPFI事業 
   新しいPFIの事例紹介
   ECI方式 事後交渉方式 制度の転換期
   地域のインフラを支える入札契約方式
  フレームワーク方式      
9.稼ぐ公有資産、自治体に提案して行くスキーム
   実際に動き出したPFI案件紹介 
10.民間施設を誘致出来る公共施設は何か?
   公共不動産の有効活用・運営
   事例紹介
11.公共用地の有効利用
   事例研究
12.発注・入札・契約方法の変革と対応
   事業の特性などに応じた入札契約方式の適用
   設計施工一括詳細設計付き工事
   発注事務の運用に関する指針
   地方自治体への支援
   最近の推進策
13.0系PPP
   すべてのPPP/PFIを考える時の共通の姿勢
   観光系PPP事業で検討する事

       ☆ 内容順不同 ☆

セミナートップに戻る     ページトップに戻る

 

 企画中

◎◎PFI事業のプロジェクトマネジャー養成講座準備中◎◎ 講座概要

 

PPP・PFI応募プロジェクトリーダー養成講座(企画中)

回数:5回(2か月に1回・1年通し)
1. 1回3時間(講義1時間半・ワークショップ1時間半)休憩15分:宿題
2. メニュー
  (第1回):社会事業としての意識と特徴(公共の仕事をするとは)
           予定価格・サービス対価策定・自治体等との交渉の考え方等
  (第2回):チーム内意識・情報共有のやり方
           共有ツールの作り方(共有の必要な情報)・共有サーバー
           事業概要表・積算推移表・要求水準チェックリスト・提案要諦項

           目標・企業間協定書推移・融資確約書・融資条件規定書推移等
  (第3回):情報収集組織と分析(価格分析・競合相手先・審査委員・政治情勢分析等)
           価格情報収集:設計積算・実績積算・メンバー積み上げ積算
           前例積算:各業種積算妥当性検討・討議
           妥当な利益水準のチーム設定
           競合相手先情報収集・分析
           審査委員の考え方分析
           政治情勢分析
  (第4回):提案までの手順とリーダーの仕事・資質醸成
           チームメンバーに対するガバナンス:チーム強み・弱みの共有
           立場認識と役割の使い分け:こだわり(勝つ!)と柔軟性
           全体スキーム・フレームの理解とメンバー全体の共通理解努力
  (第5回):提案組織運営と提案書作成の要諦
           スケジュールと情報管理手法・提案策定会議の設定
           すべてのチームメンバーが仕事をする体制と運営
           ガバナンスの掌握
  ワークショップとして、実例発注をモデルに、資料作成・手順実施練習WSを平行して実施。


  セミナートップに戻る   ページトップに戻る

 


こうきょう

セキュリティーについて


〒150-0001 東京都渋谷区渋谷3-1-8 オーベル渋谷
TEL:03-5774-5600 FAX:03-5774-1661
E-mail:
kokyo@kokyo.co.jp

Copyright(C)2001 kokyo Co.,Ltd. all right reserved.
 



 

ニュースリリース

  • ニュースリリースを入力します。

 

 

タイトルを追加する場合は、編集パレットの“パーツ”から行えます。